Tammy編   ・Kako編

  旅立つにあたって・・  

 融通の聞かない主人
「3人の子供、まして末っ子はまだ4歳!
そんな子供を置いて、自分だけ旅行だなんって言語道断!」

ってな訳で、今まで二人で旅立って行くのを羨ましげに見送っていたが
今回は私も主人を説得。去年、お許しが出なかった如月の旅から根回しをし
4歳児7歳児12歳児と賑やかな三姉妹を預けてやっとの思いで
弥生の旅に参加するとする。

 行き先は初めて参加する私の希望を・・って
なんと優しいKakoさん〜♪
と思いきや「急に来られへんてな事になると嫌やでぇ〜。」と
行き先を指定した私がドタキャンする?って考えた?
うふふ、するかいな〜♪
こんなに楽しみにして参加する事を許して貰ってるのに〜!

すんなり旅立てるものと思ったのが甘かった・・・
 ある夜主人が「3/30日な・・出勤になってしまったわ」
「え!!」「朝早くから夜遅くまで子供達だけ?」って・・問題急浮上 (;¬_¬)
まさかこんな時に親に預かって貰うのも・・と躊躇したものの
うるさい主人から了解取ってるのに今回はなんとしても参加させて〜

 運良く実家の母の旅行のスケジュールとも重なる事無く了解して貰ったのに
全前日、「風邪引いてしんどい」と・・問題一難さって又一難・・・。
風邪・・ひどくならないでね。。ごめんね・・行かせてね・・。
子供達を宜しく御願いします。

 長女には「おばあちゃん風邪やからお手伝いするねんで」
次女には「あいちゃん4歳やし面倒見たってね」
末っ子4歳児には「おばあちゃん、風邪だから泣かないでね」
 「中組みサンになるんだから大丈夫やね?」と・・・言い聞かせる

 ・・・ってな経緯があって、私が決めた宿泊先は
ネットでも以前から顔見知りだった宏美さんのお宿にと決定!
お二人さんが秋に訪れた場所だっただけに
私は躊躇したものの京都のお庭からうかがえるセンスの良い雰囲気、
文字から伺えるこだわりのある雰囲気
是非私は訪れてみたくなった。

 いざ出発へ・・・

Next